ブログはオワコンかも? それでも今から始めても遅くない理由

ブログ
スポンサーリンク

こんにちは。

今日のテーマはこちら「ブログはオワコンかも? それでも今から始めても遅くない理由」です。

初めての副業に大人気のブログですが「もうブログはオワコンだ!」と主張する人も居て、今から始めても遅いんじゃないかと尻込みしてしまう人も多いんじゃないでしょうか。

結論から言ってしまうとブログがオワコンなんてことは決してありませんし、今から始めても全然遅くないし大丈夫です。

確かに検索の上位を企業のサイトがしめるようになってきたり、新規に参入する人が増えているので昔より稼ぎにくくなっているのは事実かもしれません。

それでも今からでもブログを始めない理由はないと自信を持って断言できます。なぜならブログほど最初の副業に最適なものはないからです。

ここからはどうしてブログがオワコンだと言われてしまうのか。それでもブログを始めたほうが良い理由について解説していきます。

ブログがオワコンだと言われる理由(デメリット)

企業や古参が上位をしめているから

Googleなどの検索サイトで調べたい情報について検索すると昔よりも企業のサイトが上位をしめる割合が増えてきました。その傾向は「稼げる」と言われているジャンルほど見られます。

自分のサイトへ多くの人からのアクセス数を稼ごうと思うとインターネット検索で上位へ表示されればされるほど良いのですが、それが難しくなってきています。

Googleの評価が新規に不利だから

いままでの集客の中心はSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)と呼ばれ、Googleの検索基準にあわせたサイトを作っていくことでランキングの上位に表示してもらうことがメインでした。

しかし、Googleがサイトに書いてある記事の内容よりもその記事を誰が書いているかを重視するようになってきているため企業や今までずっとブログを続けていたような人が有利に変わってきているために今ではSEOを利用した集客は難しいと言われています。

相変わらず集客のメインはGoogleなどの検索からである事が多いのですが、新しくはじめた人に不利なルールに変わってきているために今からブログを始めても遅い(=オワコン)と思われてしまっています。

ブログの新規参入が多いから

上記のように新規で参入したからと言ってすぐに稼げるようになるには厳しい状況なのですが、それでも新規にブログを始める人は多く。そのほとんどが稼げない現実を知り1年以内にやめていってしまいます。

どうして厳しいのに新規参入が後をたたないのかというと、さまざまな情報が手に入りやすくなったからでしょう。インフルエンサーのような影響力のある人が「ブログは稼ぐのにおすすめ」と主張するのを真に受けてブログを始めようとする人が増えてきているからです。

そうして始めたうち、お金を稼ぐことを目的にしている人たちは先ほども言ったとおり現実を知って辞めてしまいます。

他のメディアに主流が移っているから

ひとりの人間が持てる時間には限りがあります。その貴重な時間をつかってブログを読んでもらわなければいけないわけですが、若い人を中心に時間の使いみちがYouTubeやTikTokなどの動画サイトやClubhouseのような音声メディアに移っています。

簡単に言うとブログで稼ぎたいと思ったときに戦わなきゃいけない相手はブログだけじゃないってことです。本気でブログを使って稼ごうと思ったらどうやって他に逃げてしまっている客をブログにつなぎとめるのかも考えていかなくてはいけません。

ブログを今から始めても遅くない理由(メリット)

ブログで稼ぐことがどれだけ難しくなっているのかについてはわかってもらえたと思います。

ブログをメインに稼ぐのは難しくなっていますが、それでも今から副業を始めたいという人は真っ先にブログに手を付けるべきだと思います。その理由を簡単にみていきましょう。

  • ブログが名刺代わりになるから
  • 文字媒体の需要はなくならないから
  • ブログで得た経験や知識が他に活かせるから
  • Googleからの集客が難しくてもSNSがあるから
  • 企業でまとめにくい内容もあるから
  • ブログは初期投資がかからないから

以上です。ひきつづきこの6点について詳しく説明していきます。

ブログが名刺代わりになるから

例えあなたが副業を始めたとして仕事を頼みたいという人はほとんどいないでしょう。なぜなら、頼みたい相手はあなたが何ができてでどこまでの実力や経験をもっているのかについての情報を持っていないからです。

そうなったときに自分のブログを持っていれば、わかりやすく自分の実力を示す場所になります。そうした作品集のことを「書類入れ」を語源としてポートフォリオといいます。

ブログというポートフォリオを持っていることで相手はあなたのことを少しでも知ってもらえるし、自分の実力に見合った仕事が入ってくる可能性があるので依頼主とあなたでWin-Winになることができます。

もし直接仕事を探すのではなくクラウドワークスやランサーズのような仲介サイトをはさんで仕事を探すのだとしてもポートフォリオがあったほうが有利になるでしょう。

文字媒体に需要があるから

たとえ主流が他のメディアに移ったとしても文字媒体の需要がまったくのゼロになることはありえません。若者の関心が新聞からネットニュースに、テレビからYouTubeに変わったにメディアの移り変わりはあるかもしれませんが、突然テレビや新聞が消えてしまうことは考えられません。

そしてラジオからテレビ、インターネットと関心が変化していく中で再びYouTubeやClubhouseが台頭し、映像や音声のメディアへの関心が高まっています。同じようにこれから文字媒体がどんな変化を遂げていくのかわかりませんが、ブログやSNSなどで経験したスキルが役に立たないということはないでしょう。

ブログで得た経験や知識が他に活かせるから

ブログの基本は文章なので、たとえブログを辞めてしまったとしても得た経験や知識は他の仕事で活かすことができます。わかりやすいのはライティング関連の副業ですが、ようするに自分の言いたいことを他人にわかりやすく伝える技術ですのでクライアントとのやりとりなど全ての副業や本業にかかわる部分です。ひいては依頼主や顧客からの信用を買うことにも繋がっていくので身につけて損はない技術です。

Googleからの集客が難しくてもSNSがあるから

Googleを中心にSEOでの集客が難しくなっていると説明しましたが、多くの人に自分のブログを知って貰う方法はなにも検索サイトに限りません。

例えば最初のうちはTwitterやFacebook、InstagramなどといったSNSで自分のサイトを広めてもらい知名度をどんどん上げていけば、相乗効果で検索サイトからの評価も上がっていきます。

ブログの他にSNSでも活動しようとすると、どうしてもブログだけで頑張るよりも必要な時間が増えてしまいますが、検索サイトで新しく始めた人が上位を狙うのが難しいからといって諦める必要はありません。

企業でまとめにくい内容もあるから

稼げるキーワードの上位は企業のサイトに取られてしまっていますが、逆転できるチャンスはまだまだあります。それは企業がまとめられないニッチ(隙間)なキーワードを狙っていくか、企業がまとめにくいジャンルを狙っていく方法などです。

どうしても企業は自分の儲けを大前提に動かないといけないので、お金や時間といった労力をハカリにかけた結果で割りに合わないと思ったキーワードには手が出せません。そうした手に出せないキーワードと稼げるキーワードを上手く組み合わせていけば、企業などの裏をかいてキーワードのランキングで上位を狙うことができます。

また企業が苦手としているジャンルもあり、その最たるものが体験談です。あなたが成功を掴んだ体験談などは企業にはなかなか真似のできない割の合わない記事になるのでまだまだ成功するチャンスが転がっている分野でもあります。

最近ではプロセスエコノミーといって何かを制作するための過程もビジネスになる時代になっているので、なにかの専門的な得意分野を持っている人は挑戦してみるのも面白いかもしれません。

ブログは初期投資や撤退したときのダメージが少ないから

ブログは人気の副業の中でも必要な初期投資や維持費が少ない部類にあたります。月々でかかってくる資金はレンタルサーバー代(ドメイン料込み)が1000円ぐらいで辞めたいと思ったときも契約解除の料金などはかかりません。

これがせどり(転売)や株式投資などだとそうはいきません。大きく儲けようと思えば必要な元手はそれだけ多く必要になりますし、転売で在庫を大量に抱えたまま撤退することになれば大損害をこうむることになります。

とりあえず試しにやってみて自分に合わないと思ったら撤退しても損するのは時間と月額のレンタルサーバ代ぐらいなので他の仕事でうまくいけばいくらでも取り返せます。それだけリスクが低い割に一発当てることができたら大きく儲けることができるのでやらない手はありません。

【まとめ】ブログはオワコンは挑戦しない理由にならない

「ブログはオワコンって聞いたけど本当?」

そんな質問に答えるとブログが段々と稼ぎにくい副業になっているのは事実です。

  • 企業や古参がランキングの上位を占めている
  • Googleの評価基準が初心者に不利になっている
  • その割に新規参入が増えてきて競争が過剰になっている
  • 主流は他のメディアに移っている

大雑把に言えば大きな理由はこんな感じです。とにかくブログをはじめてSEOをかじっただけで簡単に大儲けできるような時代ではなくなりました。

そのへんがブログがオワコンと主張される根拠になっています。対して今からでもブログを始めたほうがいい理由を上げていったらキリがありません。

  • ブログが名刺代わりになるから
  • 文字媒体に需要があるから
  • ブログで得た経験や知識は他で活かせるから
  • Googleで集客が難しくても他があるから
  • 企業でまとめにくい内容もあるから
  • ブログは初期投資や撤退したときのダメージが少ないから
    etc.

この記事で取り上げた理由としてはこんなところですが、例えば他にも「はじめるための情報が揃っていて簡単」とか思いつけばいろいろあります。

あらためて「ブログはオワコン?」の質問に答え直すとこんな感じです。

「デメリットは厳しくなっているけど、それでもまだメリットのほうが上回っているから全然挑戦して見る価値あり」

どうせ今から始めても遅いし…なんて考えているほうがもったいないです。ダメだったらその時どうすれば考えればいいぐらいのリスクで挑戦できるのだからやらなきゃ損以外のなにものでもありません。

そんなこと言ったって文章力がないし、何を書いていいのかわからないからブログに挑戦とかやっぱり無理!っていう人はこちらの記事を参考にしてください。

ブログは「案ずるより産むがやすし」なので、実際にやってみると思っていたよりも簡単なことに気がつくと思います。それでもダメならわからないところをまとめて誰かに質問してみましょう。

それなりの経験は積んでいるので「わたしも簡単な質問なら答えられるかな…?」という気がします。

未来はどうなっているのかは神様以外にはわからないので本業だけに収入を頼るんじゃなくてちいさなことからでも副業を始めておくにこしたことはありません。そのための一歩としてブログは最適の選択肢なので、まだはじめていない人は是非とも挑戦してみてください。

コメント