ブログを始めるなら、一緒にWEBライターも始めるべき理由3選

ブログ
スポンサーリンク

こんにちは。ブロガーでWEBライターのかなめです。

このブログは今からブログを始めたい人やブログを始めたのは良いけど伸び悩んでしまっている人に向けて手助けになれるような記事を取り上げています。

今回は今からブログを始めようとしているのなら、一緒にWEBライターを始めるべきだという理由について話させていただきます。なぜ、この記事を書いたかと言うと意外と「WEBライターはブログを始めるべき理由」みたいな記事は見つかるんですが、逆の「初心者ブロガーはWEBライターにも挑戦するべき」っていう記事は少ないんですよね。

そしてこの記事の大前提となる部分ですが、新しく今からブログを始めようとする人はWEBライターにも挑戦するべきです。なぜなら『WEBライターもブログも「文章を書くこと」という根っこの部分は共通しているから』になります。そのためブログとWEBライターは相乗効果が高さが魅力的です。

ブログとWEBライターを一緒にやると、どんなメリットがあるのかというと以下の3つです。

  • 伝える力が身に付くから
  • 客観的な視点でアドバイスをもらえるから
  • お金になるから

この3つのポイントについて順番に詳しく解説していきます。

伝える力が身につくから

まず一つ目なのですが、WEBライターを経験することで「伝える力が身につくから」です。

そもそもブログっていうのは初心者のうちは特に勘違いしがちなのですが、読みに来てくれる読者ありきなんですよね。自分のためのブログになってしまってはアクセス数が増えることはありません。

そしてブログの読者の顔っていうのは見えないものなんです。インターネットだから直接に目で見る事ができないのは当たり前なんですが、そうじゃなくて「どんな人がブログを読みに来てくれて、記事を読んでどんな感想を持ってくれたか」が分かりにくいということです。

インフルエンサーや有名人ならコメントをくれるファンの人もいるでしょうし、そこから読み取れることもあるのですが、まだブログを始めたばかりの人にはファンはついていません。そもそも今は多くのファンを抱えているようなインフルエンサーや有名人だって最初からファンがいたわけではありません。

でもWEBライターなら読者の前にクライアントっていう相手が存在します。自分の書いた記事のいわば最初の読者になってくれるのがクライアントという相手です。

まずはクライアントが何を求めていて記事を発注したのかを考えて、満足してもらえるような記事を書くことです。それができれば普段から読者の求めるものに対して文章や構成を考えるということが自然にできるようになってきます。

客観的な視点でアドバイスをもらえるから

次の理由は「客観的な視点でアドバイスをもらえるから」です。ブログを執筆する上で重要なことをクライアントから教えてもらえるからという点では最初の理由と似ています。

ところでブログをやっていて「最高の記事がかけた」と思っていても、あとから見返してみると微妙に感じてしまった経験はあるでしょうか。ブログを始めていない人なら「書いた記事は投稿する前に数日寝かせて読み返しましょう」なんて話を耳にしたことがあるはずです。どちらも理由は同じで自分の記事に先入観がなく接することができるからです。

またブログの経験が浅い最初のうちは間違った書きかたをしていても気がつかないなんてこともあるかもしれません。そうした知識や経験がかけてしまっている部分をクライアントが客観的な視点からチェックしてくれて、正しい方向へ進めるようにアドバイスしてくれるので独学よりも早く成長することができます。

もっともクライアントの経験や知識にも差があって、悪いクライアントに当たってしまうと変なクセがついたりする危険性があるので全てをうのみにしてしまうのは危険です。クライアント頼みにするのではなく、あわせて自分でも独学で勉強をするようにしてください。

お金になるから

最後は生々しい話題で申し訳ないのですが、WEBライターという仕事が「お金になるから」です。

ブログに興味を持った人の中には「ブログが稼げる」と聞いた人もいるんでしょうし、事実としてブログ以上にノーリスクハイリターンな副業もないんじゃないかと思います。でも、うまい話ばかりではなくブログには稼げるようになるまで時間がかかるという欠点があります。

よく最低でも半年ぐらいと言われていますが、時間がかかる人の中には一年以上たってもマトモに稼げないという人もいます。そのうちに「やっぱり稼げないじゃないか」と感じてブログをやめてしまう人も多いです。

その点でWEBライターを一緒に経験しておけば確実に1記事や1文字で何円という報酬が手に入ります。ブログで収入を得るのが難しい最初の時期をWEBライターの仕事で補っていくというわけです。またWEBライターを続ける中でブログに必要なライティング技術やSEOの知識なども手に入るので一石二鳥ではないでしょうか。

最悪の場合、ブログで稼げなくてもWEBライターでという別の道が用意されているのも気持ちの余裕に繋がってくるかも知れません。

【まとめ】ブログとWEBライターの親和性の高さが魅力

ここまでブログを運営するのならば一緒にWEBライターも経験すると成果に繋がりやすい理由について解説してきました。3つの理由についておさらいすると次の3つです。

  • 伝える力が身につくから
  • 客観的な視点でアドバイスをもらえるから
  • お金になるから

クライアントからブログに必要な技術や知識を学べるのも大きいのですが、それ以上にお金になるからという理由も見逃せません。

なぜならお金がないと余裕もなくなってしまうから。余裕がなくなってしまうと「絶対に儲かるテクニック」「誰でも簡単にお金が稼げる」といった怪しい情報商材にひっかかってしまう可能性が高くなってしまいます。

もちろん全部の情報商材が悪いものというわけでもないのですが、最近はブログやYouTube動画、LINEやTwitterなどのSNSに音声コンテンツなどから無料で良質な情報を手に入れることができます。個人的には最低限の土台をそうした無料のコンテンツから手に入れて、更にステップアップをしたいのならば情報商材を購入するという順序が間違いないんじゃないかと思います。

終身雇用や年功序列といった制度の崩壊や年金への不安から副業が注目される中で小さいリスクから始められるブログは非常に大きなウェイトをしめています。人によってはブログはオワコンという声も出ていますが、それは間違いだと言えるでしょう。

「ブログはオワコンじゃない」という話題については別の記事でまとめてありますので、気になった人はそちらもチェックしてみてください。

いろいろと説明しましたが、やっぱり「文章を書くこと」という根っこの部分が共通していることからブログとWEBライターの親和性の高さが一番の魅力です。個人的にもなんとなくブログだけをやっていた時とWEBライターを始めてからだと違ってきた印象を受けています。

この記事を読んで「参考になったよ」という人が居ればツイッターへのリプライやダイレクトメッセージ、もしくはメールフォームからひと言でも反応をいただけると幸いです。「ここ間違っているんじゃないの?」という指摘も歓迎します。

コメント