【知識ゼロでも】初心者から学べるお金の本3選

スポンサーリンク

もっとお金が欲しいけど、「お金のことをもっと勉強したいけど、何から始めたら良いのかわからない!」「お金の勉強ってなんだか難しそう」と二の足を踏んでしまっている人も多くいると思います。

そんな人たちに「お金の勉強って案外簡単だよ」と声を大にして教えたいのです。
そしてこの記事では、お金について知るのは思っていたよりも簡単に学べる初心者向けの本をまとめてみました。

初心者でも分かりやすいお金の本3選

本当に自由を手に入れるお金の大学

YouTuberでリベ大というお金にまつわるチャンネルを運営している両学長が小金持ちになるための大切な考え方をまとめた本です。
最近はオリエンタルラジオの中田敦彦が自らのチャンネルで取り上げていたことでも話題になりました。

「稼ぐ力」「増やす力」「貯める力」「使う力」「守る力」という五つの力を中心に学べます。
難しいように思えてしまう内容でもコミカルな図柄で分かりやすく解説されているので分かりやすく大事なポイントを抑えることができるので、これまでお金の勉強をしていなかった人でも直感的に理解できます。

ただまとめ本的な性質上、浅く広くという感じになっているので詳しく知りたい人は物足りないかもしれません。
そういう人は短い時間で分かりやすく解説されているので著者のYouTubeチャンネルをチェックしてみるのも良いでしょう。

お金は寝かせて増やしなさい

「梅屋敷商店街のランダムウォーカー」という投資ブログの管理人である水瀬ケンイチの書くインデックス投資の手法がよくわかる本。投資はギャンブルだと勘違いして怖がっている人にも実は安全なお金の稼ぎ方だと分かってもらえるような内容になっています。
前述の「お金の大学」でいうところの「増やす力」に注目した一冊です。

リスク配分や資産のバランスなど複利で稼ぐために必要なお金の基本的な知識が詰め込まれていますが、難しくならないように言葉を選んで書かれているのが好印象でした。

インデックス投資を勧める本は多いですが、この本のように出口戦略まで突っ込んでいる本はほとんどありません。その点でも読んでおいて損はない本だと思っています。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えて下さい

著者の大橋弘祐が楽天証券で働く経済評論家の山崎元にお金について質問した結果をまとめた本。
インデックス投資や債権、NISAなど投資商品に加えて、生命保険や家を購入するかどうかといったお金にまつわる事柄が解説されている。

対談形式で書かれているので知識のない人でもすっと頭の中に本の内容が入ってきます。
それぞれの内容に関しては詳しくないので最初の一歩を踏み出すためのキッカケとして使って必要な知識をアップデートしていくのがオススメです。

まとめ

どれも初心者に分かりやすく言葉を選んで書かれているのですが、この中からお金について全般的に学ぶ一冊を選ぶのならば両学長の「お金の大学」でしょうか。
YouTubeやリベシティというコミュニティなどお金にまつわる勉強の場を広く設けているので興味があったらチェックしてみるのも良いでしょう。

本から知識を得るのも良いですが、実践に勝る経験はありません。思い立ったらこれらの本を参考にしてお金を増やすために動きだしましょう。

コメント